2008年8月30日

龍神Day2

                     激ウマ・激安の昼食

                    顔よりデカイ冬瓜

                  新鮮な魚

                     年中岳

                     談笑の場


                       かくれんぼ

                     うまい!!

                       作家の手

                       自然な風合い


大阪から高速で約1時間。有田(ありだ)は蜜柑で有名。漁港も近くて魚がめちゃめちゃ新鮮、しかも安い。おまけに道の駅の野菜は今朝採れたモノしか置かないこだわり。そしてこちらも激安・激ウマ。
何よりは、昼食に入った日本料理屋の定食が安くてうまいこと。考えなれない破格で、鯛アラ定食がいただける。

そこからまた1時間。龍神に有るギャラリー「年中岳」は、喧騒から離れた山間の道すがら、綺麗な白いおうち。手作りの陶器の看板が目印。陶芸作家でもあられるご夫婦がギャラリーの管理人。ここ龍神は、アーティストも多く在住する。この土地でインスピレーションを受けて制作活動に励むのだ。満天の星空はそんな生き方も叶えてくれる。「年中岳」は時々ライブ会場にも変身するそう。お二人は交流の場となればとスペースを提供してくださっている。お言葉に甘えてお邪魔することにした。

お料理もおいしい。自分達で作った皿に盛る。なんとも素敵なお二人。


なんだかんだで満喫の旅。
夏休みももう終わり。